688: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)14:22:14 ID:ixf
修羅場スレのバイト先でわざと激辛ラーメンを作って人生ダメにした話があるが、こちらは逆に笑える方の話を。
かれこれ50年近く前の話。当時母は海に近い喫茶店で臨時のバイトをしていた。その店の名物の一つにナポリタン(正式にはそういう名前では無かったが、今で言うナポリタン)があった。
店長が少しだけ席を外した時に、1人の男性からナポリタンのオーダーが入った。
母ともう1人いた女の子のバイトは店長がいないからと断れば良かったのにオーダーを受けた。が、ここで大きな問題が。本来トマトケチャップで出すあの赤さをどうするのかを知らなかった。
 

引用元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1452252732/



スポンサードリンク
スポンサードリンク
 
スポンサードリンク


実は店長が席を外したのは自宅に保管してある予備のケチャップの補充の為で、それはつまり現在ケチャップが無いということ。それを知らない母たちはあるものを発見した。
一本のタバスコだ。
茹でたパスタと具材を混ぜた所に“何か”を加えて赤くしている事は知っていた2人はこれだと確信、一本丸々投入した。
が、当然それは間違いで立ち込める刺激臭&タバスコが蒸発した煙。間違いだと気づいた時には既に謎パスタが出来上がっていた。
ここに更なる不幸が。頼んだ男性、ナポリタンがどんなものか知らないのでそういうものなのだと勘違い。ゲホゲホむせながらも完食。
御代を頂いた所で店長が戻り、店内の異様な臭いに母たちを問い詰め間違いが発覚。母たちはしこたま怒られ、男性には後日ちゃんとしたものを振る舞う事を約束させられたそうだ。
この話は実家でナポリタンが出たときの母の鉄板ネタで、真偽の程は母を信じるしか無い。
時代?的にはナポリタン的なパスタもタバスコもあってもおかしくは無いが、家族の中では話半分に聞いている。

689: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)14:33:48 ID:WIq
>>688
うちの母と同年代かな
うちの母は昔喫茶店でバイトしてたのにも関わらず
タバスコの存在を知らなかった
ある日、一緒に入ったレストランでナポリタンを頼んだが
「ケチャップが薄いわね」とタバスコをドバドバ掛けた
バーモント甘口しか食べれない母にはとてつもない辛さだったようで
目を白黒させて食べてた
40年程前の話だから
時代背景的には688の話はとても信憑性を感じる
お客さんに出したかはなんともだが、
うちの母のバイト時代の話を考えるとあり得そうだw

690: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)15:31:17 ID:7F7
激辛と言えば数年前かなハバネロとかそれのすごいのとか流行ったときに
激辛ピザと言うのを注文した
それに激辛ソースが付属してるんだが1人がそのソースをピザ全体にパシャーって全部かけた
「なにしとんねんアホかー」ってみんな大騒ぎ

そのピザは何もつけなくても激辛なのよね
で、普通の激辛では物足りない強者向けに別途激辛ソースがついてるの
ソースには「少量ずつかけてお試しください」みたいな注意書きがあるような奴

で、ティッシュでソース拭ったりしつつ必死で食べたりしてたんだが
一人だけソースがかかってる事にも気づかずそのままひょいぱくと食べた
叫び声でもあげるかと思ったらそんなことにはならず
普通にひょいぱくひょいぱくと食べ続けた
「みんな食べないの?」とか聞いてきたので「好きなだけ食ってくれ」と言ったら
マジで半分以上一人で食べた

残りはみんなでひぃひぃ言いながら食べた

翌日からソイツのあだ名が「勇者」とか「炎の勇者」になってた
本人わけもわからず「なんで?」と不思議がってたが「いや、だってお前、勇者だから」としか言えなかった

味覚音痴なのかと思ってたが、辛いもの食べると「コレ、ものすごく辛いね」とか言うのでそうでもないらしい
ただ、汗ひとつかかずに普通の顔して言うから時々騙されてひどい目に合う奴がいる

※おまけ
000

0005022554F3_740x555y

07




スポンサードリンク



スポンサードリンク