702: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:02:35.82 ID:g0xb4uBO0
しょーもない修羅場。 
大学のときのことです。 

告られて付き合うことになったAくんと、食べものの趣味がとにかく合わなかった。 




引用元:◇修羅場◇part105
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1296353545/



スポンサードリンク
スポンサードリンク
 
スポンサードリンク




カレーにじゃがいもを入れるか否か。
おでんに昆布を入れるか否か。
うどんにはてんぷら派か、おあげ派か。
てんぷらは天つゆ派か、塩派か。
はたまた焼鳥はタレ派か、塩派か。

中でも決裂したのが
彼=からあげにはあらかじめレモンを絞ってやるのが気のきく女のたしなみ
私=レモン嫌いな人もいるんだから個々に絞るべき
というテーマだった。
Aくんは「こんな気のきかない女とはつきあえない」と去っていき
私は「あっそ」と引き止めもしなかった。
カラダの関係もまだなかったし、数回食事しただけでわかってよかった、と思っていた。

704: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:04:29.67 ID:g0xb4uBO0
しかしその後、Aくんがないことないことサークルやゼミで
言いふらしていることが発覚。
いわく、私子は思いやりがなく、気がきかない。
メシマズ。男を立てる気がない。ヤ/リマ/ンなどなど。
なぜからあげにレモンを絞らないとヤ/リマ/ンなのか理解できませんでしたが
かかわりあうのもめんどくさかったからスルー。
まわりの親しい友達はわかってくれてたし。

年が変わって、私はバイトをはじめ、そこで彼氏ができた。
飲食店の厨房で、彼氏Bは準々店長の地位にいる人。
話も合うし、音楽の趣味も合うし、食の好みも合うしで
楽しくラブラブしていた。

705: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:06:07.66 ID:g0xb4uBO0
ある日、しつこくクレームをつけてくる客がいた。
接客の方のバイトをやってる子が
「あのー、私子さんを呼べって言ってますけど…」と困り顔。
厨房からそっと覗いてみたらAくんだった。

フロアの子いわく、
「熱いはずのものがぬるい、スープにゴミが浮いてる、肉が生焼け、全体に味がない」
などとすべてにクレーム状態だったらしく、ひたすら謝っていると
「こんなまずいものを作ったのは私子だろう、私子を呼べ!!」
と名指ししたんだそうで。

いや私は確かに厨房の中にはいるけど味付けや肉の焼き方なんか
まかせてもらえる地位にいないし、下ごしらえと皿洗い程度だし…と思っていたら
店長が「私子は出なくていい」と。
そしてメインシェフが出ていくと、Aくん驚愕してポカーン顔に。
なぜか本気で私が全部作ってると思ってたらしい…。

なおもグチグチ言ってたようだが周囲の白い目に気づいたのか、お帰りになった。
その後私も鬼のような仕事量に忙サツされ、
帰る頃にはAくんのこともすっかり忘れていた。

706: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:08:52.62 ID:g0xb4uBO0
ラストオーダーは22時で、その後もなんやかやあっていつも店を出るのは01時くらい。
彼氏Bと外に出たら、ちょっと行った広場の噴水にAくんが座っていた。

「おまえのせいで恥かいた!メシマズのくせにナマイキ!
なんだその男は!浮気か!ヤ/リ/マ/ン!!」
怒鳴るAくん。
AくんのことはもうBに話してあったから、しらーっと通りすぎる私たち。
「ちょっと待てやー!ヤ/リ/マ/ン!ヤ/リ/マ/ン!ヤ/リ/マ/ン!ヤ/リ/マ/ン!ヤ/リ/マ/ン!ヤ/リ/マ/ン!(エンドレス」
ヤ/リ/マ/ン連呼するAくんに、ブツっとBが切れた。
「オマエねえ、そんなしつっこい性格だからフラれるんだよ」
その言葉に、今度はAくんがブチっとキレた。

709: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:13:51.49 ID:g0xb4uBO0
二人がとっくみあいに。
私では止められないので店に走って戻り、救援を読んだ。
店長が警察に電話し、その他バイトくんや店員が止めに入ってくれた。

警察が駆けつけてくれて割って入り、騒ぎはおさまったが
なぜかBのかばんを抱えて話さないA。
警官に意気揚々と「見てください、こいつ銃刀法違反です!」とかばんを渡す。
しかし中にはもちろん何もなく…
昔の板前じゃないんだから、かばんにマイ包丁持って移動なんかしないって。

結局「人騒がせなことするな」とAくんは警官に怒られ、
私たちはその場で解散となりました。

710: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:15:11.12 ID:g0xb4uBO0
こえでラスト。
しえんありがと。

その後も怒りがさめないらしいAくんに
廊下ですれ違いざま
「ヤ/リ/マ/ン!」「インラン!」
と言われたりしたけど
そんなことばっかやってたせいで、私は悪くないことがみんなに知れ渡って
最終的にAくんの方がポツンになっていた。

Aくんは一年留年して、またも新年生に
「からあげにいち早くレモンかけない女は~」と説教したみたいだけど
すぐうざがられてまたポツンになってたって聞いた。

711: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:17:02.06 ID:QwOO6nA20
あほだwwwwwwwwwwwwwww

712: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:20:17.36 ID:HEyD3TS00
うぜえwww
レモン、そいつの目玉に向かって絞ってやりたいわw

717: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 20:36:17.94 ID:VRR0eM/L0
いるよね、ママンに骨取ってもらえないと
焼き魚食べられないとかっていうの。
そんな感じだな。

723: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 22:10:04.70 ID:YWKihOsI0
Aはもちろんおかしいがレモンをからあげに勝手にかけないでほしいというのはわかるw
はやい段階で別れられてよかったね
結婚してからとかだと大変だったと思うよ

725: 恋人は名無しさん 2011/03/01(火) 22:16:34.82 ID:3wGcQ/F70
勝手にレモンかける女とか
気がきくどころか成敗レベルだろ



スポンサードリンク



スポンサードリンク