40: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/10(火) 03:47:04 ID:upBLsGVLO
長いよー。 


小学生の頃、放課後みんなで鬼ごっこをしていた。 
その時、1人の女の子がクラスで飼っている鯉を針金でつつき、
チョークの粉を水に入れて遊んでいた。 
皆で、止めなよと注意して帰宅。 
翌朝登校すると、私に向かって皆が「鯉ゴロし!」と言って来た。 
鯉をつついて遊んでいた子が朝タヒんでる鯉を見つけ、私が登校する前にクラス全員に、
私がコロしたと言って回ってたんだよね。 





引用元:奥様は見た!!!因果応報 その9
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1235414445/



スポンサードリンク
スポンサードリンク
 
スポンサードリンク





あの時の悔しさに続き、中学の部活でも彼女と偶然同じになり、
やはり先輩に私が先輩の悪口を言っていると触れ回り、私が部活で仲間ハズレにされた。三年間辛かった。
私には「無視されて可哀想。私が先輩に言っとくから!」なんて言いながら、
先輩に私の悪口を、私には先輩の悪口を言っていたのだ。
鈍感過ぎて気付かなかったよぉ。
人当たりの良い彼女は人気者だし、皆が彼女の底意地の悪さに気付かなかったし、私も怖くて反論も出来なかった。


卒業して数年後、彼女は小学生を車で跳ねてタヒなせてしまい、交通刑務所に入ったの。
それからクスリに溺れ、傷害事件などで新聞にも数回載り、数年前に旦那にコロされた。


亡くなった小学生は本当に気の毒でならない。でも亡くなった彼女については自業自得だと思った。




41: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/11(水) 00:54:57 ID:X3+eOHgX0
凄い話


42: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/11(水) 01:08:26 ID:hESdFZFjO
実話、だよね?怖い話だなあ
でも、サッサとタヒんじゃって残念な気もする・・・


44: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/11(水) 20:37:49 ID:2yGCWSOF0
飼っている鯉を針金でつつき、チョークの粉を水に入れて遊んでいた。 

鯉をつついて遊んでいた子が朝タヒんでる鯉を見つけ、私が登校する前にクラス全員に、私がコロしたと言って回ってた

やはり先輩に私が先輩の悪口を言っていると触れ回り、私が部活で仲間ハズレにされた。三年間辛かった。

それからクスリに溺れ、傷害事件などで新聞にも数回載り、数年前に旦那にコロされた。 

もうここまでものすごいと、どこをどう突っ込んでいいやらわからないw

その子がどんな家庭環境で育ったのか気になるところ。
自分の事を「鈍感」って書いてるけど、40さんは普通の平和な家庭で
ご両親から大事にされて育ったんじゃないかな。

ここまで40さんをターゲット(としか思えない!)にしまくるって事は、
内心何か羨ましく思う所があって、気になる存在だったんでは?
自分が持っていない、手に入れたくても入れられない何かを持っていた・・っていう。

1つ確実に言える事は、「生き物を虐待する人」ってやっぱ精神的に何か変なんだろうね。


45: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/11(水) 21:01:06 ID:l9r2AWRC0
猟奇サツ人犯って、
幼少時から既にその兆候が出てるらしいからね。
犬や猫、買ってるペット、
学校で飼育してる鶏とかウサギ、
コロしてるみたいだから。


52: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/12(木) 14:40:07 ID:oOtn92Bp0
>>40
引っかかる箇所が1つだけ。

>皆で、止めなよと注意して帰宅。

「皆で」止めて、40も皆と一緒に帰ったんだよね?
鯉を虐待してた所を目撃した子は40の他にも複数いたのに
何で誰も弁護してくれなかったんだろう?


53: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/12(木) 16:16:22 ID:4GAUq1L+0
>>52
あー、それ私も気になってた。


54: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/12(木) 16:26:49 ID:ZLw2ktAbO
>>52
自分も気になって書き込もうと思ったんだけど、小学生ってそんなに利口じゃないし丸め込めるかもなと思った。
チョークごときでタヒぬってわかってたら先生呼んだりするし本気で止めると思う。
自分も、悪くないのに一人が私のせいにしてみんなに吊し上げられて先生にまで怒られた記憶がある。先生はずっとその場に居たし考えればわかるのにタヒねって思ったよw
その先生の子は不登校だった。




スポンサードリンク



スポンサードリンク