985: 名無しさん@どーでもいいことだが。 04/11/17 19:50:23 ID:A1egdAxd

406 :おさかなくわえた名無しさん :04/11/16 15:24:28 ID:puViek9y 
よく家でやってたのがシークレットサービスごっこ。 
猫が起きたら枕元で「お目覚めですか?本日も一日お供させて頂きます」 
でスタート。猫が部屋出ようとしたら「お待ちください、今外を確認します」 
ドアをそっと開けて外をキョロキョロ。「安全を確認しました、どうぞ」 
廊下は常に猫のそばを歩腹前進して進み、 
そして茶の間のゴミ箱の横に差し掛かったときに 
「危ぬわぁぁぁぁぁい!!!!」と絶叫しゴミ箱を蹴り飛ばしながら 
猫を抱っこしてスライディング。 
吹っ飛ぶゴミ箱散乱するゴミ迷惑そうな猫、満足そうな顔をして横たわる俺。 
俺「爆弾です、よくある手ですよ。・・・俺、は・・・もう駄目ですけど 
あな・・・たが・・・無事で良かっ・・・たっ・・・!」 

引用元:あなたの心がなごむとき~第16章
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1096775129/




続きを読む