712: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2001/02/05(月) 20:02
自転車が壊れてしまい修理に行きました。 
その自転車屋さんの親父さんは怖いと評判でびくついていた自分。 
「お願いしま〜す…」 
親父さんはぶすっとした顔でちょいちょいと自転車を触っています。 
 

引用元:あなたの心がなごむとき 〜第2章〜
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/doujin/975674273/



スポンサードリンク
続きを読む

スポンサードリンク