お知らせ
アンケート
アンケートにご協力、ありがとうございます。不具合等は状況を詳しく記載頂けるとありがたいです。

◆雑談ページ開設しました
↓↓(* ´ω`)↓↓
喪ジョ喪ジョ】(´∀`*)<おはなししましょv【チラ裏】

サイトについて
サイトRSSはコチラ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

喪女リカのTwitter
更新情報をつぶやきます。

アクセスランキング
スポンサードリンク
厳選アンテナPICKUP

喪失感

【。・゚・(ノД`)・゚・。】俺は、母が病弱な妹の世話に追われあまり構って貰えなかった。そんな母が亡くなり落ち込んでいると、嫁が伊達巻と一冊の古いノートを持ってきて・・・

175: 素敵な旦那様 2006/03/27(月) 16:16:35
すこし前、おふくろが死んだ。 
俺とおふくろは仲が悪いわけではなかったが、おふくろが病弱な妹の世話に 
いつも追われていたため、なんとなく打ち解けない感じで育った。 
おふくろが亡くなった時、寂しいというか妙な喪失感でかなり落ち込んでいた。 
昨日もちょっとしたことでおふくろを思い出して落ち込んでいたら、 
「ちょっとこれ味見して」と妻が伊達巻を持ってきた。 
食ってみたら、いつもの妻の味と違う。 
なつかしい、おふくろの味。おふくろの大得意だった伊達巻の味だ。 
おふくろは結婚前から入退院を繰り返していたから、妻がおふくろに料理を 
教わる暇などなかったはずだ。 
一度花見に行ったときにおふくろの弁当を食べたけれど、一度食べたくらいで 
こんなにも再現できるものだろうか。 
不思議に思っていたら、妻が一冊の古いノートを差し出しながら言った。 

引用元:【コピペおk】夫婦・家族のジーンとする話を集めるスレ3【オリおk】
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1141214198/




続きを読む

【墓場まで持っていくつもりだった話 】家族も同然に過ごしてきた親友。こいつにだけは何でも話せて、こいつだけはいつでも私の味方だった。それなのに私は…

606: 本当にあった怖い名無し 2008/01/01(火) 23:43:53 ID:gXPKlbdT0
懺悔させて下さい。こんなの大した事じゃないと思われるかもしれないが…

幼い頃両親に離婚されて、片親には育児放棄されて、それでも頑張って
生きてきた親友。家族も同然に過ごしてきた親友。こいつにだけは何でも
話せて、こいつだけはいつでも私の味方だった。頼られるのが好きな私を
思う存分頼ってくれて、でも時々泣き言が出れば、他者が見れば「そんなの甘え」
と言われそうな事でも「あんたが1番正しい。だから自信持っていい」って、
許してくれた。私が1番正しいなんて訳はないのに、その時1番言って貰って
立ち直れる言葉をくれた。だから私もすぐに立ち直って頑張れた。それなのに私は…

引用元:墓場まで持っていくつもりだった話
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195482691/




続きを読む
スポンサードリンク
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
スポンサードリンク