276: 名無し職人 2008/08/25(月) 22:42:14
本当は書くべきじゃないのかも知れんが、久々に堪らない思いになった。 

一応、医者の端くれとして働いている。こういう生業だから、人の死に接するのは少なくない。 
ちょっと前、診察に訪れた若者に余命宣告をしたばっかりだ。 

俺:誠に申し上げにくいのですが・・・。 
男:はい。 
俺:・・・肺癌です。しかもだいぶ進んでいます。はっきり言います。1年もつかどうかです。 
男:・・・ガ、 
俺:? 
男:ガーン・・・・・・ なんちって・・・。 
俺:・・・け、結構余裕ですね・・・。 
男:ええ、まあ・・・。 

引用元:実話にまさるものなし〜おむすび握って33杯目〜
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1203867616/



スポンサードリンク
続きを読む

スポンサードリンク