398: なご 2006/08/07(月) 17:30:38 ID:RjURzh3e
夏になると思い出す話。 
数年前、隣の家の床下(典型的な日本家屋)で野良さまがこぬこを産んだ。 
その野良様は、女だてら近所のボスで頭も良かった。うちは家族がぬこ嫌いなので、 
私は隠れてこっそりぬこ様に差し入れをしてた。ある時、ふと思い立って「毎日差し入れ 
してるんだから、お子さん見せてよ」と、冗談で言ってみた。…そしたら差し入れを食べている 
途中だったのに、ぬこ様は隣家の床下へ戻って、生後間もないこぬこを連れてきて 
くれたのさ!それ以来、差し入れするとぬこ様はこぬこを見せてくれるようになった。 
今日みたいに暑い日は、うちの庭先で親ぬこ様が涼んでいる間、私がこぬこ様の 
おもりをする関係にまでなった。 
しかし秋口になったころ、親子は揃って姿を消した。あのぬこ様は、頭がいいから 
こぬこを私立の幼稚園に入れるために引っ越したんだと思ってる(うちは田舎)。 
でも置きみやげに、ゴキの死骸を10匹も置いていかれて少し泣いた。


引用元:あなたの心がなごむとき~第31章
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1152882780/




続きを読む